今回は少し遠くまで出かけてきました。紋別市ではオムサロ原生花園の近くの海岸段丘上にオムサロ台地竪穴群があります。擦文時代(本州の方はなじみのない名前ですが)の集落跡があります。興部町にも豊野竪穴住居跡群、雄武町にも雄武竪穴群遺跡があり、北見枝幸町には目梨泊遺跡、浜頓別町にはクッチャロ湖畔竪穴群などまだまだ紹介できないくらいの竪穴住居跡群があります。時代もそれぞれで、 竪穴住居群(集落)遺跡がどのような場所に作られているのか考えながら 遺跡を巡ってみるのも面白いですが、一般の方が興味を引くほど整備されているとは言えずこれからの課題でしょう。来年には北東北・北海道の縄文遺跡が世界遺産にふさわしいか判断が示されます。この機に、教科書ではあっという間に授業が終わってしまう先史時代に思いをはせてみるのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す