北見市常呂のワッカ原生花園付近からドローンを用い、サロマ湖のようすを撮影しました。海岸砂丘列は本来、湧別町から続く砂丘とつながっており、河口は湖東側ライトコロ川付近にあったものと考えられます。高潮時には砂丘を超えて度々海水が流れ込んだりもしていたと想像されます。人類を含む生き物もこの橋(砂丘)を利用して往来していたものと思います。ライトコロ川河口にはアッケシソウの群落があります。能取湖ほど大規模ではないですが、しっかりと残っている貴重な場所です。

ワッカ原生花園より北西側方向の砂丘
西側方向
南側方向
東側方向
ライトコロ川河口付近のアッケシソウ群落

コメントを残す