曇り空で気温氷点下7℃の中、野鳥と風景を撮影しましたので掲載します。野鳥は飼料に集まるヒヨドリ、ツグミ、スズメと、ヨモギの種を食べるベニヒワと空を舞うオジロワシの幼鳥です。キタキツネも雪の中餌探しをしていました。開発に伴い通行に支障があると考えられたのでしょう、樹木の枝や幹が重機によって折られている光景を見かけました。仕方がない部分はありますが、幹ごとではなく伸びた枝だけとか最小限にとどめる方法をとることも必要だと思います。

ヒヨドリ
ツグミとヒヨドリとスズメ
オジロワシ幼鳥
オジロワシ幼鳥
ツグミとヒヨドリとスズメ
ツグミとヒヨドリとスズメ
ベニヒワ
ベニヒワ
キタキツネ
今日の流氷と知床連山
工事により折られた木
工事により折られた木

コメントを残す