そろそろ北海道にも春の兆しが表れ始めましたので、これからオホーツク地域で見られる昆虫や植物、景色などについて掲載していこうと思っています。今回は昆虫の中からチョウとトンボについて当会のshinさんの写真を掲載します。ムカシトンボは生きた化石とも呼ばれるトンボでどこででも見られる種ではありません。ヒメウスバシロチョウはシロチョウとありますが、シロチョウ科ではなくアゲハチョウの仲間です。ホソバヒョウモンもどこにでもいるチョウではなく、最近は地域が限られてきている貴重な種です。ミヤマセセリも数が減ってきているチョウの一種です。

ムカシトンボの産卵
ミヤマセセリ
ホソバヒョウモン
ヒメウスバシロチョウ

コメントを残す