新型コロナウィルスの影響もあり、実施が遅れていたシブノツナイ湖の調査を5月30日より実施いたしました。基本的な対応を取りながらの調査でしたが、この時期まれな30℃を超える中での調査でした。風も大変強く、飛翔する昆虫はほとんど確認できない状態でした。初回ともいうことで、調査地点の大まかな選定と予備的な調査を行い、次回の調査に向けた課題などの洗い出しも行いました。この事業は本事業は、北海道、北海道コカ・コーラボトリング(株)、(公財)北海道環境財団の三者に よる協働事業「北海道 e-水プロジェクト」の支援を受けて、実施しています。

PT調査
水生生物調査
センダイハギ
オツネントンボ

コメントを残す