7月11日湧別町と紋別市に跨るシブノツナイ湖の海岸部で調査を行いました。生憎の曇り空と湖面からの湖霧で気温も低いため、確認できた昆虫などは限られていました。その中でいくつか確認したものを紹介します。また、今回の海岸の調査で砂丘は大きく東側と西側とで植物群落に違いがあることがわかりました。

また本調査は、北海道、北海道コカ・コーラボトリング(株)、(公財)北海道環境財団の三者による協働事業「北海道e-水プロジェクト」の支援を受けて、実施しています。

オオジュリン
ノゴマ♂
ノゴマ♀
ヒナバッタ幼生
ヒナバッタ幼生ピンク色
ツユムシ幼生
調査風景
調査風景
カラフトトリバガ
マルバトウキ
オトギリソウ科
ハマヒルガオ
ウンランとハマニガナ
ノハナショウブ
エゾカワラナデシコ群落

コメントを残す