7月24日、気温が低く小雨の降る中、シブノツナイ湖周辺の希少種調査を実施しました。明渠排水や海岸砂丘など時間と場所は限られましたがいくつか成果もありました。また、希少種調査以外にも海岸と湖の形成について地質学、第四紀学など様々な調査を同時に行っています。トモシリソウと表記していたものはオニハマダイコンの誤りでした。(2021年4月20日)

本調査は、北海道、北海道コカ・コーラボトリング(株)、(公財)北海道環境財団の三者による協働事業「北海道e-水プロジェクト」の支援を受けて、実施しています。

調査地
調査風景
ショウドウツバメ
オニハマダイコン(外来種)
オニハマダイコン
シロバナヒロハクサフジ
シロバナヒロハクサフジ
ヒロハクサフジ
ヒロハクサフジ
カラフトセセリ
カラフトセセリ

コメントを残す