6月末から7月にかけて撮った写真を掲載します。海岸砂丘に見られる中低木の一つエゾノコリンゴに巣を張り群がるガ・リンゴスガの幼虫から成虫までの写真と、カワウとウミウの生息のようすなど、当会のkawaharaさんが撮影したものも含め、紹介します。環境省のカワウとウミウの比較図を見た限りでは、判別は間違っていないと思われるのですが、ウミウが内陸のチミケップ湖にも生息するなんて・・・鳥なので飛んでいけますが驚きです。

リンゴスガの幼虫
リンゴスガの蛹の集団
リンゴスガ
リンゴスガ
ヒメアミメエダシャク
キノメイガ
シベチャツマジロヒメハマキ
キタキツネ
シマハナアブ
カワウの集団?ウミウも混ざっている?小清水町止別川河口
ウミウ ? 内陸にある津別町チミケップ湖で見かけた個体

コメントを残す