湧別町教育委員会ではシブノツナイ遺跡群の調査を行っています。本日はその発掘現場を訪問し了解を得たうえで見学させていただきました。出土土器より擦文時代の後期から晩期にかけての住居跡とのことでした。かまどの痕もありましたが、壊されているようでその理由が何なのか解明が進められればと思います。また、L字型に掘られたトレンチには黒色の落ち込みが残されており、その作られた時期が竪穴廃棄後に形成されている点、白色の火山灰(樽前aないしは駒ケ岳c2か)が残されていることから、擦文時代から近世アイヌ文化期に構築された可能性が考えられます。

竪穴住居跡調査風景
かまど跡と考えられる痕跡と層序
トレンチから見つかった黒色土の落ち込み
地層の中に見られた火山灰(写真中央やや上にある白色帯)

コメントを残す