2020年度、北海道、北海道コカ・コーラボトリング(株)、(公財)北海道環境財団の三者による協働事業「北海道e-水プロジェクト」の支援を受けて当NPOが実施いたしました紋別市と湧別町に跨るシブノツナイ湖希少種調査の実施結果について数回に分けて報告いたします。

第2回目は昆虫の調査結果ですが、調査にあたる期間及び日数が少なく、調査を十分に行うことができませんでした。いくつかの種類で初記録となるものが見られたことは今後の調査に期待を持つことができるということを示しています。蛾類ではハマベホソメイガ Anerastia  lotella, ウラグロシロノメイガ Sitochroa  palealis, コガタヒメアオシャク Jodis  orientalis,甲虫類では クサフジチビケシキスイ Fabogethes circularis なども確認できました。確認した種類数は121種と想定種の20パーセントにも届きませんが、今後の調査に期待したいです。

ハマベホソメイガ
ウラグロシロノメイガ
コガタヒメアオシャク
クサフジチビケシキスイ

コメントを残す