2月下旬にオホーツク地域の小清水町で見かけた野鳥を紹介します。昨年数多く見かけたベニヒワは今年は少なく、一方で昨年さほど多くなかったツグミが多くみられます。まだ流氷もありオホーツク地域は冬の様相ですが、方や野鳥の旅支度も始まっているようです。

ベニヒワとヤチハンノキ
キバシリとウダイカンバ
コゲラとシラカバ
小雪舞い散る中のオオアカゲラ

コメントを残す