3月5日、オホーツク地域で見かけた風景を紹介します。ミヤマカケスが雪解けの樹木の根元でカミキリムシ?の幼虫を見つけて食べていました。強風の中、エゾリスも活発に動き回って餌を探していました。エゾリスの爪意外と鋭いのですね。

虫の幼虫を銜えたミヤマカケス
食した後のミヤマカケス
舌の先に食べかすが見られます
ミヤマカケス
枝の中に隠れたつもりのエゾリス
爪でしっかりと木を掴んでいる
強い風が吹いて
エゾリス

コメントを残す