4月16日、オホーツク地域の能取湖畔周辺で見かけた初春の様子を紹介します。ようやく春の花々も咲き始めました。キタミフクジュソウは葉に小さな毛が見られ、萼片と花弁の長さがほぼ同じであるなどから、フクジュソウと区別します。ミズバショウも徐々に咲き始めてきています。

キタミフクジュソウ
キタミフクジュソウ
キタミフクジュソウ
ナニワズ
ナニワズ
エゾエンゴサク
ミズバショウ
ミズバショウ

コメントを残す