6月5日、6月15日にオホーツク地域の海岸で見かけた初夏の花を紹介します。今回は環境省のレッドデータブックに絶滅危惧Ⅱ類とされているネムロブシダマとベニバナヒョウタンボクです。両者ともスイカズラ科の植物で、ネムロブシダマは淡い黄色、ベニバナヒョウタンボクは紅紫色の花を咲かせます。花は2つで1対となる珍しい形態をし、果実が合体することでヒョウタンのような形になる興味深い低木です。

ネムロブシダマ
ネムロブシダマ
ベニバナヒョウタンボク
ベニバナヒョウタンボク

コメントを残す