6月1日、オホーツク地域の初夏の風景を紹介します。濤沸湖ではタンチョウやアオサギ、カモ類やトビが強風の中でも生き生きとした姿で日々の生活を営んでいました。その後、海岸林内では子ギツネを気遣う母ギツネが侵入者をじっと睨んでいました。野生本来の姿を見ることができて少しホッとしました。

タンチョウの親子
アオサギ、マガモ
トビ
キタキツネ

コメントを残す